賢いキツネと臆病なウサギ

キツネとウサギが狩人に襲われた時の対処法について話し合っていました。キツネは賢いので、「そうだな~オレはあの屋根の上に登ったり、あそこの塀の影に隠れたり、はたまた、あの穴に身を潜めるか…まあ、いろいろと助かる方法を知っているよ!」と自慢気に話しました。一方、ウサギはと言うと、「いや~僕は臆病だから一目散に逃げることしか思いつかないよ」と肩を落としました。それを見たキツネは笑いました。しばらくして、そこへ狩人がやって来ました。ウサギはとにかく逃げることしか出来ないので、一目散に逃げ出しました。しかし、キツネはあの屋根に登ろうか、あそこの塀に隠れようか、それとも、あの穴に身を潜めようかと迷っているうちに狩人に撃たれてしまいました。

蝶はジグザグに飛ぶので、素手や網を使ってもなかなかうまく捕まえられません。どうすれば、蝶を捕まえることができるできしょうか?実は、すぐに簡単に確実に捕まえる方法が一つだけあります。それは、自分自身が美しい花になることです。そうなれれば、蝶の方からあなたに寄って来てくれます。

サーカスのゾウ

サーカスの見世物として連れて来られた小さいゾウは、いつも頑丈な鎖でつながれていた。子ゾウは自由を求めて鎖の長さ以上に移動しようとするが鎖に邪魔されてできない。子ゾウなので鎖を切る力もまだない。何度も失敗するうちに逃げられないと観念する。月日が流れ、大人になったゾウは、つながれている鎖を引きちぎる力は充分にあるのに、無意識から「鎖は切れない」「鎖の長さ以上には行動できない」と信じているので、抵抗することなく一生鎖につながれたままである。

 

 

酪農家と肉牛家

酪農家は一頭の牛からミルクを絞り続けられる間はずっと収入になります。しかも手元に牛は残ります。だけど、肉牛家はたとえ懸命に牛を育てても、売ってしまえばそれで終わり。もう手元には牛は残りません。

 

 

卒業

表と裏、上と下、男と女、光と陰…この世界は2つで1セットでできている。あなたは卒業式で「おめでとう」と言われて「バカヤロウ」と答えている人を見たことがありますか?「おめでとう」と言われたら「ありがとう」と答えますよね。「おめでとう」「ありがとう」は2つで1セットです。

 

 

鈴木さん

あなたが面識のない鈴木さんという方と駅前で待ち合わせしているとします。しかし、突然、携帯電話が壊れてしまいました。公衆電話もないし、そもそも鈴木さんの電話番号も分かりません。約束の時間になりました。あなたならどうしますか?駅前で待ち合わせしているであろう人たちを見て、「あの人鈴木さんかな?いや、あっちの人かな?それとも…」なんてあれこれ考えるでしょうか?手っ取り早い方法は、駅前にいる人たち全員に、「鈴木さんですか?」と一人ずつ声をかけて行くことです。もし、一人目の人が鈴木さんではなかったとしたら、あなたは膝をついて起き上がれないほど落ち込むでしょうか…!?また、二人目に聞けばいいのです。

 

 

大聖堂 

あなたの仕事の中で、1シーンを思い浮かべてみて下さい。そこで、こんな質問を。「あなたは今この瞬間、何をしていますか?」
「パソコンで作業をしている」「営業で話をしている」「セミナーで説明している」「運転している」など様々な回答があると思います。
ある人が同じ建築現場でレンガを積み上げている3人Aさん、Bさん、Cさんに同じ質問をしてみました。
「あなたは今この瞬間、何をしていますか?」と…
Aさんは、
「今ですか?レンガを積み上げているんですよ。きついです…」
Bさんは、
「今ですか?見ての通りですよ。働いているんですよ。日雇いですから!」
Cさんは、
「今ですか?私は今、素晴らしい大聖堂を建てているんです」

WIN WIN 

努力の合計を100とします。50×50は2500です。 しかし49×51は2499、48×52は2496と、50×50に比べると少なくなってしまいます。 労力がどちらか一方に偏ってしまうと掛け合わせた数字はどんどんどんどん低くなってしまいます。

利子

日本人は借金をすることを特に恐れ、悪とする傾向が強い。もし、あなたがビジネスにしたら間違いなく大成功するビッグアイデアをひらめいたとする。だけど、ビジネスを始めるための資金5000万円がない。現在の収入では10年はかかる見込みだ。おそらく10年後では他の誰かがやってしまっていることだろう。あなたはどうするか…?5000万円の借金をして事業を始めるだろう。10%利子として500万円は余分にかかることになる。しかし、この利子は果たして余分な経費だろうか?普通に進めていれば10年かかってしまうことを、この500万円で10年早く実現できたということである。つまり、あなたは500万円で人生の時間を買ったのである。

 

 

 

日米英金仏

日・米・英・金・仏の中で仲間外れはどれだと思いますか?きっと多くの人が「金」と答えるのではないでしょうか。「金」だけは国名ではないからです。他にも「仏」だけが真ん中に線を引いた時、左右対称になっていない。「日」だけが時間の概念が入っている…などもあるかと思います。では、正解は何でしょうか…?実は、全部正解なのです。