泥棒と雄鶏

泥棒が食べ物を探しにある家に忍び込んだが何もなく、 仕方なく飼われていた雄鶏を一羽盗んだ。 早速食べるために雄鶏を殺そうとすると雄鶏が 「わたしは毎朝決まった、コケコッコーと鳴いてみんなを起こすことができると、とても重宝されてきた雄鶏なんです」と言った。 しかし泥棒は「こちらにとって起されるのは業務妨害なんだ」と言って雄鶏は殺されてしまった。    

投稿者 : 管理人

カテゴリ : 人間関係