ボールペン

最初の宇宙飛行で無重力状態ではボールペンが書けないことが判明した。これでは困るということで、アメリカNASAは、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて書けるボールペンの研究を進めた。そしてついにNASAは、無重力でも、上下逆さまでも、水の中でも、どんな状況下であろうと、書けるボールペンを完成させた。その一方で、同じように宇宙事業に乗り出していたロシアは、鉛筆を使っていた。    

投稿者 : 管理人

カテゴリ : 仕事